【子鉄旅】埼玉・川口グリーンセンターの新幹線ミニ列車と踏切

謎だったミニ列車

遊園地などのミニ列車。大行列になっていることも珍しくなく、そこまでして乗りたいものだろうかと思っていたが、息子が生まれて実感する。そうまでして、乗りたいものらしい。子どもとしては。

川口グリーンセンター「ミニ鉄道」

川口グリーンセンター「ミニ鉄道」

埼玉県川口市営「グリーンセンター」の「ミニ鉄道」は、年齢にかかわらず1人220円。3枚綴りは530円と、130円お得になる。

幸い?この日は最高気温28度ほどとやや暑かったせいか、人はそれほど多くなく、少しだけ並んで2列車目で乗ることができた。

新幹線・電気機関車・蒸気機関車

川口グリーンセンター「ミニ鉄道」

川口グリーンセンター「ミニ鉄道」

この川口グリーンセンター「ミニ鉄道」で使われている車両はE3系新幹線「こまち」、それと連結するE2系新幹線「あさま」?(赤帯なので)、黄色帯のE4系新幹線「Max」、EF200形電気機関車のような「ED200」などがいる。蒸気機関車もあったが、電動のようだった。

なんだか安らぐミニ列車

川口グリーンセンター「ミニ鉄道」

川口グリーンセンター「ミニ鉄道」

1周は5分ほど。踏切や木々のトンネル、噴水がある鉄橋などを通過し、「タタンタタン」という車輪とレールのジョイント音も小気味良い。大人でも、乗ってみればそれはそれで楽しいし、優しい風でどこか安らぐ。

踏切 子どもは結構そういうものらしい

川口グリーンセンター「ミニ鉄道」

川口グリーンセンター「ミニ鉄道」

電車好きな3歳の息子は以前から、特に踏切に強い興味を示しており、謎だったが、Youtubeなどを見ると、その需要に応える動画が多数。子どもはそういうものらしい。この川口グリーンセンターでも警報器が鳴るたびに興奮し、やって来た列車へ楽しそうに手を振っていた。

[2021年6月訪問]