JR上野駅「爽亭」の「朝得そば」 名古屋駅のきしめんと同じ会社

東京にもある「名古屋駅のきしめん」業者

鉄道ファン以外にも知られている「名古屋駅ホームのきしめん」。東京にも、運営企業が同じ立食いそば店が存在する。

JR上野駅の「爽亭」

JR上野駅の「爽亭」

そのひとつ、JR上野駅7・8番線ホームにある「爽亭」。名古屋駅ホームの多くに出店し、きしめんなどを提供している「住よし」と同じ、ジャパン・トラベル・サーヴィスが運営する立食いそば店だ。

ただ、「爽亭」のメニューにきしめんの名はない。今回は、開店から朝9時までの「朝得そば」時間帯だったので、それを注文。310円也。

朝にやさしい「朝得そば」

JR上野駅「爽亭」の「朝得そば」

JR上野駅「爽亭」の「朝得そば」

丼を覆うようなきつね、ワカメ、揚げ玉。これで310円はまさに朝得。まず甘みが広がり、そのあとにカツオ?や醤油の風味が現れてくるつゆは、朝の胃腸に優しい。辛口な印象がある名古屋駅「住よし」のきしめんつゆと比べ、だいぶ柔らかい印象。

そばは茹で麺だが、プツッとした歯ごたえがあるタイプ。穏やか系のつゆのなかにある、その歯切れの良さ、心地よい。

[2021年4月訪問]