山手線の始発列車に「夜のにおい」がない

 山手線、池袋駅4時25分発の外回り始発列車。朝一番の山手線は、「一日が始まる人」と酒のにおい、疲れた顔が入り交じる、まるで夜と朝の狭間を走っているような印象だった。

2020年7月における山手線の始発列車

2020年7月における山手線の始発列車

 しかし、2020年7月1日(水)の朝、久しぶりにそれへ乗車したところ、その風景が変わっていた。新型コロナウイルスで。「夜の延長の人」がおらず、「一日が始まる人」ばかり。

2020年7月における山手線の始発列車

2020年7月における山手線の始発列車

 山手線の始発列車は、座れないぐらいには混雑していることが多かったが、それともほど遠い車内(池袋始発の外回り、というのもあるが)。

タイトルとURLをコピーしました