【鉄道記事執筆】中央新幹線工事のニューマチックケーソン工法

 JR東海が建設を進めている、リニア中央新幹線の坂下非常口を取材。「ニューマチックケーソン工法」という、空気の力と重力を活用した工事でした。

超電導リニアの巨大穴を造った「ニューマチックケーソン」とは?自重で地中に沈み込む(乗りものニュース) - Yahoo!ニュース
 JR東海がまず品川~名古屋間で建設を進めている、超電導リニアモーターカーを使った中央新幹線。名古屋市とその近郊を大深度地下で進む第一中京圏トンネル(約34.2km)の坂下非常口(愛知県春日井市)が
超電導リニアの巨大穴を造った「ニューマチックケーソン」とは?自重で地中に沈み込む | 乗りものニュース
「ニューマチックケーソン工法」で造られた、リニア中央新幹線の坂下非常口が完成しました。巨大な円筒をその重さで沈み込ませて造るという工法で、圧縮空気を活用しているのも大きな特徴です。

「Yahoo!ニュース」への掲載分は、時間の経過により消えます。

タイトルとURLをコピーしました