東京都

JR田端駅近「かしやま」の「冷やし天ぷらそば」 夏の東京

JRの制服を着た人をよく見る田端 JR田端駅の近く、JR貨物の田端信号場入り口の脇にある立食いそば店「かしやま」。この街では、道ばたでJRの制服を着た人をよく見る。特に昼時は。 田端の「かしやま」は個人的なお気に入り店舗のひとつで、しばしば食べに来る。そして夏...

池袋駅「しぶそば」の「まぜ蕎麦~山形ひっぱり風~」 夏に最高の味

「しぶそば」店舗限定メニュー なぜか東急沿線外に1店舗だけ、池袋駅にある東急系の駅そば店「しぶそば」。訪れてみると、「店舗限定『まぜ蕎麦~山形ひっぱり風~』」の看板が店頭に出ていた。 山形には「ひっぱりうどん」という、うどんに納豆やサバ缶を入れて食べる郷土料理がある。...
子鉄の日々

【子鉄旅】都電荒川線に乗って道路を走り「棒のない踏切」へ

山手線より都電がいい 梅雨の日。なぜか3歳の息子が、行ったことがない大塚の本屋へ行きたいという。山手線か都電か、どちらで行くのがいいか聞くと、「都電」と言う。雨の中、傘を差して肩車をして、自宅から都電の電停へ歩く。 先日、都電のキャラクター「とあらん」が10歳...

京成青砥駅「三松」の「ラーメン」 柴又店おすすめ人気ナンバーワン

また京成の青砥駅で特急を降り 京成本線の特急で日暮里駅へ向かう途中、青砥駅で下車。目指すは1・2番線ホームにある「三松」だ。ひと月前に同店で食べた「しいたけうどん」が個人的に、総合的にはちょっと好みではなかったのだが、つゆが心地よかったので、再び途中で特急を降り、寄ってみた...
子鉄の日々

【子鉄旅】1区間特急「あずさ」とゆで卵

「ニンジン」になる特急列車 3歳の息子は、JR東日本のE231系電車や京急1000形電車といった普通の電車も好きだが、そんな普通の電車の全部が全部に興味を持つかというと、そうではない。 ただやっぱり特急車両に対しては、全体的に興味が高め。「頑張って保育園に行って、今度...
子鉄の日々

【子鉄旅】京成で制帽を貸してもらう 幕張本郷と車両基地 連節バス

トミカをきっかけに 3歳の息子が、京成バスの連節バストミカを祖父母に買ってもらったことから、それに乗りたいと言う。 まず、京成上野駅へ向かう。 子鉄向きの京成電車 京成の車両は、ロングシートながら前面展望席があるので、子鉄旅向けかもしれない。始発の...

JR田端駅近「かしやま」の「天ぷらそば」 鉄道の街の日常食とゲソ

JR貨物 田端信号場の横で JR田端駅の北口を出て右へ進み、陸橋でいくつもの線路を渡って、階段を降りた下。JR貨物の田端信号場入り口の脇に、立食いそば店「かしやま」がある。隣には定食屋。「鉄道の街」田端の胃袋を満たしてきた店舗のひとつだろう。 店内へ入ると「い...

上野駅近「めん処 つるや」の「天ぷらそば」 薫るスカイライナー

上野ガード下の立ち食いそば店 JR上野駅の不忍口を出て、大きな横断歩道がある通りの向こう。ちょうど山手線内回り・外回り線のあいだのガード下に、立食いそば店がある。 店頭で上下運動をくり返す「そばと箸のモニュメント」が目を引く。東京では珍しい「きしめん」の文字も...

JR上野駅「爽亭」の「朝得そば」 名古屋駅のきしめんと同じ会社

東京にもある「名古屋駅のきしめん」業者 鉄道ファン以外にも知られている「名古屋駅ホームのきしめん」。東京にも、運営企業が同じ立食いそば店が存在する。 そのひとつ、JR上野駅7・8番線ホームにある「爽亭」。名古屋駅ホームの多くに出店し、きしめんなどを提供している...

京成青砥駅「三松」の「しいたけうどん」 怒濤6連傘に懐かしうどん

見慣れない文字列「しいたけそば、うどん」 京成の本線と押上線が接続する青砥駅。その1・2番線ホームにあった立食いそば店「青砥そば」が2020年4月に閉店したのち、2021年2月、同じ場所へ新たに立食いそば店「三松」がオープンした、らしい。三松屋食品という街中にも立食いそば店...